Newsletter_12.pdf

(2078 KB) Pobierz
© ALL RIGHTS RESERVED BY Poland MFA
大�½�
のご挨拶
 前号では、
駐日ポーランド共和�½大�½�館、
貿易投資促進部、
ポーランド広報文化センターが
主催、
協力した2014年第3四半期の主な出来事およびイベントをお届けしました。
今期もポーラ
ンドおよびポーランド人にとって意義深い政治、
経済、
文化的事業が数多く開催されました。
 クラクフでは日本美術技術センター
「マンガ」
設立20周年記念式典が
執り行われ、
安倍昭恵首相夫人が参列されました。
また、
ワルシャワには
ユダヤ系ポーラン
ド人史博物館がオープンし、
ポーラ ドの文化、
言語、
宗教的多様性を紹介 て
います。
先駆的なデザイ
ンを誇る博物館の建物は
「Eurobuild Awards」
コンテス
トにおいて
「建築デザイ ・ ・ ・
ン オブ ザ イヤー」
に輝きました。
 ドナルド ト スク ポーラン
・ゥ ・
ド前首相の欧州
理事会議長への選出、 ト ・
ピョ ル ホフマンスキ
教授の2015-2024年を任期とする�½際刑事
裁判所裁判官への選出は、
ポーラン
ドが�½際
機関で果たす�½�割への期待が示されています。
 日本の外務省公式ホームページの
「わかる �½際情勢」
コーナー最新号は、
丸々ポーランドを
特集しています。
「ポーランド民主化25周年」
と題された記事には、1989年の�½�制変換以降、
ポーランドが歩んできた政治 経済的な変化および日本 ポーランド関係が解説され、日本に
おけるポーランドへの関心の高さが窺われます。
 また、ニューヨーク タイ
・ ムズ」
にはポーランドの経済成長に関するリ
ック�½�リーマン氏の記事が
掲載され、
KPMGト
ランザクションサービスによるレポートは日本のビジネスパートナーと てのポー
ラン
ドを評価し
ています。
これらの出来事ならびに記事の詳細は駐日ポーラン
ド共和�½大�½�館公式
ホームページ (www.tokio.msz.gov.pl/ja) およびフ
ェイスブッ 、 ッターでも紹介し
ク ツイ
ています。
 コミ
ックス
「ポーラン
ドの偉人」
シリーズ今号では、
ポーラン
ドの偉大な�½�曲家、
ピアニス
トである
フレデリ
ック�½�ショパンをご紹介し
ています。
今年は五年に一度のショパンイヤーです。
10月にはワル
シャワにて第17回フレデリ ・
ック ショパン�½際ピア コンクールが開催されます。
今秋ポーラン
ドに
お出かけになる方々は、
是非コンクールの感動を味わって頂きたいと存じます。
ツ リル コザチェ
ィ ・
フスキ
駐日ポーランド共和�½大�½�
�½�ニュースレターに対するご意見 ご感想がございましたら、大�½�館秘書室 e-mail: tokio.amb.sekretariat@msz.gov.pl までお送り下さい。
また、
リニューアルされた大�½�館公式ホームページ http://www.tokio.msz.gov.pl/
および
も合わせて御覧頂ければ幸いに存じます。
10月14日
12月6日
日本�½�ポーランド政治会談
ヤロミル �½コウォ
フスキ大統領府
次官、
トマシュ オルウォ
フスキ外務
次官が来日し、
二�½間協力の発展お
よびグローバルな問題の解決につい
て長嶺安政外務審議官と会談した。
サンタさんがやってくる会
ポーランド大�½�館にて
「サンタさんがや
って る会」
が開催された。
主催者である
ドミニカ ジョルダン領事
の挨拶の後、
子供たちが�½しみにし
ていた
サンタが登場。
子供たちはサンタからの
プレゼン
ト、
ミニコンサー
ト、 リ
ク スマス キャロルを満喫。
特に人気を集めたのは自分でお菓
子の家を�½�るコーナーであった。
11月14日
独立記念日祝賀レセプション
ポーラン
ド独立回復96周年ならびに
ポーラ ド軍隊記念日を祝すレセプショ
ンがポーランド大�½�館にて開催され、
左藤章 防衛副大臣、
石川博崇 防衛
大臣政務官が主賓と て出席された。
12月13日
在日ポーランド人のクリスマス会
ポーランド大�½�館にて在日ポーラ
ンド人のためのクリスマス会が開催
され、
日本各地から300人のポーラ
ンド人
が一堂
に会した。
参加者にはポーランドの
伝統料理が振舞われたほか、
子供
たちには玩具とお菓子のコーナー
が設けられた。
11月27日
ヴワディ
スワフ ロマン クフ エチェン修道士告別式
・ ィ
 長崎本河内、
コンベンツアル聖フ
ランシスコ修道院にてヴワディスワ
フ ロマン クフ
・ ィエチェン修道士の
葬儀ミサ 告別式が行われた。
ロマン神父と
して親しまれたヴワ
ディスワフ ロマン クフ
・ ィエチェン修道士は11月24日に日本で
逝去された。
享年100歳。
SCIENCE&TECHNOLOGY
「ポーランド 日本 クリーン コール技術
セミナー」
の開催
ポーラン
ド大�½�館、
東京大学生
産技術研究所、
石炭エネルギー
センター
(JCOAL)
の共催で行わ
れたセミナーには、両�½の電力会
(PGE 社、
東京電力、
中部電力)
の担�½�者およびAGH科学技術大学、
東京大学から研究者たち
が参加した。
 来日中、
ポーラン
ドからの参加者たちは、
両�½の科学者がポー
ラン
ド産褐炭の特性を研究する研究室を見学した。
ポーランドの医科大学、
研究機関、
先進医療センターの代表
者12名が視察団と
して来日。
新エネルギー 産業技術総合開発
機構
(NEDO)
の共同支援による日本の戦略プログラムとなって
いる、
先進技術の医療分野への応用へ向けた知見の共有、
日本
の医科大学病院との共同研究および研修を目的と
した交流が
図られた。
11月27
ポーランドの医学研究者グループが来日
11月25日 – 26日
【Sernik】
セルニック
ポーランド祭2014
9月26日 – 28日
皆さんは
「現代ベイ ドチー
ズケーキ発祥の地」
とされ
ている�½をご存知でしょう
か。
答えはもちろん、
そうポ
ーランドです。
そしてそのポ
ーランドで�½�られているチ
ーズケーキ、
それこそがセルニックです。
vvセルニックの大きな特徴のうちの1つと
して、
レモン果汁を加えずに�½�ら
今年で5回目となる
『ポーランド祭』 今回も六本木ヒルズ
が、
で行われた。昨年に引き続き、9月最終週の金�½�日
(9/26-28)
の3日間、Jazzライ
ブや、
トークショー、
コーラスなど、
今までには
ないステージもあり、
スケール&クオリテ
ィーアップと、
来客から
の評判も上々。出店は12社、
内2社は飲食販売で、今年は
珍しいポーラン
ドの伝統菓子な
ども食べる事ができ、完売する
ほどの人気だった。
10月28日
れているこ
とが挙げられます。
これは、
セルニックの材料であるフレッシュチ
ーズ(ポーランド固有の赤牛の乳から�½�られたトゥ
ファルク
というもの)に酸
味があるために成し遂げられる技だそうです。
私は、
昨夏ポーランドを訪れた際に、
現地でセルニックを食べたのです
が、
これがまあ濃厚。
本�½�に美味し �½�度も�½�度も買って食べた記憶が
く、
ございます。
チーズケーキ�½きの私にとっては至福の時でした。
ポーランドには他にも、
センカチュという
ドイツバームクーヘンの原点とさ
れるお菓子や、
ポンチュキというバラのマーマレード入り
ドーナツ、
シャル
トカという
リンゴのケーキなど、
美味しいお菓子がたく
さんあります。
スイーツ�½きの皆さん。
是非ポーランドへ行かれてはいかがでしょ
うか。
礒貝 竜一 Ryuichi Isogai (TUFS)
IT/ICT分野 ポーランド業向けワークショ
ップ
ポーランド大�½�館 貿
易・投資促進部にて、
IT/
ICT分野に関するワークシ
ョップが行われた。 参加
企業は10社で、 Week
IT
Japanに出展するため来日。
日本でビジネスを行う場合、
欧州
との違いについて知り、
今後ポーランド企業が日本とのビジネ
スをスムーズに行うことができる為のガイドとして貿易・投資
促進部により、
日本市場とビジネス文化の特異性についてプ
レゼンテーションが行われた。
ノラトレーディング/NOLA
trading
〒273-0105
千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷2-13-15
TEL 047-445-9707
FAX 047-402-4787
E-mail: info@nolatrade.com
http://www.nola-trading.com
担�½�者名 : 細井由紀
輸入商品名 :アートガラス
輸入元 : Glass Studio Habrat 
ポーランド企業向け ワークショップ開催
ポーラン
ド大�½�館 貿易 投
資促進部にて、
ポーラン
ド企
業をサポートするワークショ
ップが行われた。
プログラム
では、 ・
貿易 投資促進部が
日本経済、
市場及び日本のビジネス文化』 又JETROよ
『日本の産業』
について発表があり、懇親会で締め括く
られた。
11月26日
CULTURE
東日本大震�½チャ テ
リ ィーコンサート
東京 2014/11/7
11月10日には駐日ポーラン
ド共和�½
大�½�館で開かれた演奏会にて、
アレク
サン
ドラ�½�オルチック
(�½プラ はピア
ノ)
ニス
ト栗原美穂と共演。
ショパンの歌
ポーランドのポスター フェイスある
いはマスク
東京 2014/9/8 - 10/27
20世紀ポーラン
ドのポスターを集め
た展覧会。
DJユニッ Soul Service
東京 2014/10/31
DJユニッ Soul Service の東京滞
在によ
り実現した、
ポーラン
ド広報文
化センター主催イベン 「ポーリ
ッシ
ュ�½�ファ
ンク�½�ミ
ュージック」
曲を中心に、
ポーラン
ド人�½�曲家の�½�
品を披露し、
�½評を得る。
クリヤ�½�マコ
ト&シルヴェスター�½�オス
トロウスキー�½�クインテッ
東京 2014/11/26
日本、
ポーランド、
アメリカから実力
派が一同に会した�½�多�½籍ユニッ
は、
日米欧混成であると同時に、
人、
�½人、
東洋人の人種混合ユニッ
トでもある。
V4+JAPAN スペシャルコンサート
東京 2014/11/12
日本と中欧ヨーロ パ4カ�½交流年記念
ヤン�½�カルスキ生誕100周年記念シン
ポジウム 東京 2014/9/27
パネリス
トに映画
「戦場のピアニス
ト」
のモデルになったW. シュピルマンの
長男で九州産業大学教授C.
スピルマン、
�½�家の池内紀、
カルスキ
の著書がいち早く発行されたフランス
の文学を専門とする國分俊宏、
ドイツ�½�ポーランド近代史の専門家
割田聖史各氏を向かえ、
数々の�½名
や身分を�½�いながら、
祖�½と平和の為
に戦い続けたヤン�½�カルスキの壮絶な
人生について語り合った。
ヴィシェグラード�½�ジャズ�½�カルテッ
東京 2014/11/4
本年ヴ シェグラード
(中欧ヨーロッパ
4カ�½)
議長�½に選ばれたスロバキア
共和�½の駐日大�½�館は、
日本と交流年
を記念した特別ジャ
ズ�½�コンサートを主
催した。
ポーラン
ドからはクバ スタンキ
ェヴ ッチ
ィ (ピア が出演。
ノ)
+48 Social Club ポーランドデザイ
ン展 東京 2014/10/28–11/3
東京デザイナーズウ
ィークのプログラ
ムの一環と て、
し 若者の集うエリアに
突如現れた期間限定のゲリ
ラ的クラ
ブ。
一週間にわたり、
近年注目されてい
るポーラン
ド産イ
ンテリア�½品の最新
デザイ
ンや、
それを取り巻く
ポーラン
文化について広く紹介した。
東欧音�½家支援 日本 ポーラン ・
ドブ
ルガリ
ア文化交流演奏会
ポーランド映画祭2014
東京 2014/11/22 - 28
2014/12/13 – 26
戦後ポーランドの映画史に残る傑�½�
や隠れた名�½�を数多く紹介してきた
ポーランド映画祭。
12月13日 (土) に
は本映画祭監修のイエジー スコリモ
フスキ監督が舞台挨拶を行い、
日本
のファンに温かな感謝の言葉を伝え
ると共に、
今映画祭のお勧め�½�品を
紹介した。
龍野アート
プロジェク
ト2014 日波
現代芸術祭 流れ Flow
兵庫県たつの市  2014/11/2–16
「流れ Flow」
をテーマに実演芸術
に注目し、
音�½と映像、
インスタレー
ション、
ダンスパフォーマンスなどが
融合した現代芸術祭を、
地域の文化
遺産である醤油蔵
(�½登録有�½�文化
財)
にて行います。
魅惑のポーランド音�½をあなたに
稲城市立 、
プラザール 2014/11/3
今村�½氏指揮による多摩フ
ィルハルモ
ニア協会第9回定期演奏会。
「V4+JAPAN スペシャルコンサート」
日本親善大�½�の松下奈緒を囲み、
ーラン
ド親善大�½�アンナ�½�マリ
ア�½�ヨペ
ッ 、
ク ハンガリー親善大�½�マテ カマラ
スがゲス
ト奏者と て出演。
アンナ�½�マリ
ア�½�ヨペッ と
ク ロベル
ト�½�クビシンのデュ
オは、
翌11月13日、 ェ
カフ 「Cafe 104.5
」 ライ
にも ブ出演した。
�½際ダンスフ
ェステ バル
浜松 2014/11/16
ポズナンのポーリッシュ�½�ダンスカン
パニーが20年ぶりに来日し、
浜松の
バレエ、
モダン、
ジャズ団�½�と共演。
5
Zgłoś jeśli naruszono regulamin